【トップ】【儲けの仕組み再構築】 > IT活用による業務変革

フェーズ2 : IT活用による業務変革フェーズ        

 

重要経営課題を解決するために、業務変革プロジェクトをご提案します。 次の例は、製造業における『低コスト体質への転換』のための受注生産管理システム構築のプロセスです。
東京IT経営センターは、この標準支援プロセスの基づきIT導入のご支援を進めます。

拡大
IT活用による業務変革プロジェクト支援数字 経営戦略策定
数字 IT戦略策定
数字 RFP(提案依頼書)作成
数字 ITベンダー選定
数字 導入プロジェクト
数字   定着

数字 経営戦略策定

 「フェーズ1:儲けの仕組み再構築」にて中期経営計画が策定できていればスキップできます。

 数字 IT戦略策定

経営戦略実現のために最新のITをどう活用していくかを検討します。これまでは、自社にサーバーを置き、自社開発またはパッケージをカスタマイズした基幹システムを活用するのが主流でした。中小企業でも、導入費が1,000万円~8,000万円がかかり、中小企業にとって重荷になっていました。サーバーを自社に置くことで、そのハード、ソフトにも大きなコストがかかっていました。MIcrosoftのWindowsのバージョンアップ費用、それに付随するカスタマイズの修正作業にコストが必要で、古いバージョンのまま我慢してご使用している企業も多いようです。

最近、クラウド・ソリューションを活用することでこの重荷から解放された企業が増えています。特にカスタマイズ可能なクラウド基幹システムm出てきて、ものつくり企業のIT活用が一段と進むことが期待できます。IT再構築の際は是非ともクラウドを選択肢のひとつに入れて下さい。

数字 RFP(提案依頼書)作成

東京IT経営センターが進めるRFP作成手順は以下となります。
①経営戦略から克服すべき経営課題、業務推進上の課題の認識フェーズ

②現状の「業務と情報の流れ」の認識フェーズ

③「業務と情報の流れ」設計フェーズ
 経営課題、業務上の課題の克服のためのあるべき姿の「業務と情報の流れ」設計フェーズを
 描きます。ITをフル活用したらどうなるかの視点で設計します。後で投資対効果の視点で
 トレードオフすることになります。

④システム要件定義フェーズ
 あるべき姿の「業務と情報の流れ」を実現するためにシステムにどのような機能を持たせるか
 を設計します。

⑤RFP(提案依頼書)作成&発行フェーズ
 ①~④までをサマリーしRFP(提案依頼書)のまとめます。できたらRFPを発行し複数の
 IT企業に送ります。

 

数字 ITベンダー選定

 複数の提案・見積もりを社長をはじめ経営幹部の方で評価し最終的にお願いするIT企業と
 そのソリューションを決定します。

これまでのやり方では、ソリューション選択まで、半年から1年がかかるのが一般的でした。あるべき姿の「業務と情報の流れ」実現RFP作成支援プロセスが、クラウド時代になり、変わり
つつあります。クラウドソリューションの選択でも①~④のフェーズは必要です。④の後、
RFP作成は省略し、定義したシステム要件にあったソリューションをインターネット上で調査、あるいはIT企業に問い合わせて、絞り込んでいきます。必要なら、IT企業にデモをお願いします。
2~3社に絞り込めたら、それぞれに導入費用、月額使用料等の見積もりをとり、評価・選択メンバーでソリューションを決めることになります。 

    クラウドの導入プロセスの詳細は矢印 こちらをご覧ください。

数字 導入プロジェクト

ソリューションとIT企業を選択したら、やっと導入プロジェクトが走ります。
「自社独自の仕様でオリジナル開発」する場合、「パッケージ+カスタマイズ開発」する場合と「クラウド導入+カスタマイズ】の場合は作業が異なります。

【オリジナル開発の場合】

  ①詳細なシステム要件のヒアリング
②概要設計仕様確定とユーザー側承認
③詳細設計仕様確定とユーザー側承認
④開発会社側のプログラミング作業及びテスト
⑤ユーザー側のテスト後本番

【パッケージのカスタマイズの場合】

  RFPで提示したシステム要件に沿い、パッケージ会社がヒアリングし、パッケージと異なるところの抽出から始まります。
①カスタマイズ詳細設計仕様確定とユーザー側承認
④パッケージ会社のプログラミング作業及びテスト
⑤ユーザー側のテスト後本番

【クラウド導入+カスタマイズの場合】

 

RFPで提示したシステム要件に沿い、クラウド会社とユーザー企業のプロジェクトメンバーで一緒に作り上げていきます。
①画面を見ながら設計して行きます。(ほとんどプログラミング無しで作り上げていきます)
②ユーザー側のテスト後本番

 数字 定着

本番開始し運用を進めて行くと想定外の問題が出てきて、システムの修正が必要になります。
オリジナル開発の場合あるいはパッケージ+カスタマイズン場合はプログラミング、場合によっては仕様までの手戻りが発生し、結構な期間を要することがあります。
クラウドの場合は、比較的大きな修正が発生することは少なく、その場でクラウド会社とユーザー企業と一緒に修正作業を短期間に終わらせることが一般的です。 

ここまでがシステム再構築のプロセスでした。以下に既に稼働中のシステムの課題に関する東京IT経営センターのサービスメニューをご紹介します。

contact_usリスト青 業務工程見える化による課題解決支援

 

『利益を生むためには現場の再点検から』製造業・卸業・小売業からサービス業まで業務工程の見える化による課題解決の提案です。IT化以前、IT化後でも常に業務工程の見直し、改善が望まれます。

contact_usリスト青 情報システム運用支援

 

ITを導入したけど活用が定着しない、 効果が見えない等の課題をお持ちの企業の支援です。 管理者が育っていないケースの他に、システム導入時に、業務の流れも変えないで効果が限定的となっているところがあります。再度、ITの有効活用のために、業務の流れを設計し直す運用定着までのご支援をいたします。

contact_usリスト青 戦略的情報活用支援

 

導入された情報システムの中には、多くのデータが蓄積されています。 そのデータは経営に戦略的に活用されるべきものです。 データベースから、Excelに落とす仕組みを作成しExcel上で種々のデータ分析を行い、業務改善、マーケティング戦略等に活かします。

TOPへ矢印

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【トップ】【儲けの仕組み再構築】【会社が変わる←人材育成】【クラウドソリューション】【コンサルティング実績】【会社案内】【ご相談・問合せ】