中期経営計画フェーズ

Ⅰ.経営トップ(社長と役員)で以下項目を確認。必要なら作成あるいは見直し

  1. ミッション(会社の役割:存在意識)
  2. 経営理念(会社の憲法ー経営判断のよりどころ)
  3. ビジョン(会社の数年後の姿、目標)の共有
  4. みんなの会社「株式会社〇〇〇」の価値観の共有

Ⅱ.経営トップ(社長と役員)で、ビジョン実現のための中期的な経営計画策定

  1. ビジョン達成のために克服すべき経営課題の洗い出し
  2. ビジネス競争力の棚卸及びそのレベルアップ目標の設定
  3. SWOT(弱み、強み、機会、脅威)分析
  4. 経営課題とビジネス競争力診断結果とクロス分析
  5. ビジョン実現のための重要成功要因(CSF)の決定
  6. 重要成功要因(CSF)達成のための「行動計画」策定

Ⅲ.上記の討議内容を「中期経営計画書」としてA3用紙1枚にまとめます。

Ⅳ.経営トップ(社長と役員)で、中期経営計画の1年目の年度経営計画に落とし
込み

  1. 全社年度経営目標の設定
  2. 経営目標達成のための全社、各部門の活動方針
  3. 全社、各部門の活動方針に基づく行動計画
  4. 行動計画・実績評価で経営計画のPDCAの仕組み作り
    ー全社実績評価、部門実績評価で次年度へつなげる

Ⅴ.各部門の年度行動計画の策定

  1. 全社年度経営目標を受け部門目標の設定
  2. 部門目標達成のための行動計画策定
    部門レベル、部レベル、課レベル、個人レベル
  3. 行動計画・実績管理と評価制度とのリンク
    ー部・課・個人実績評価で次年度へつなげる。
    ー行動評価、フィードバックで組織・社員の成長を支援

中期経営計画書(A3用紙1枚にまとめます)

中期経営計画書