今、企業には「変わる力」が必要です。
東京IT経営センターは、企業の「変わる力」を応援致します。

変わるためには、

1.デジタル経営変革(DX)を目指す 
  DXは、IT、IoT、AI、5Gに続く新技術ではなく、これらのデジタル技術をいかに
  徹底的に活用するかが勝負です。新たな変革、つまり人間系の変革です。

2.経営の足腰を強くする(DX以前の課題)
 以下の手順をお薦めしています。
   ①経営の土台作りの標準手順(経営のPDCAを廻すために)の定着
   ➁組織各層のPDCAがリンクしている

3.段階的なDX推進(焦らず、一歩一歩、迅速に)
   ①DX化の自社の現状を知る(経産省「DX推進指標」で現状評価)
   ➁3年後、5年後のDX化のあるべき姿を描く(経産省「DX推進指標」の設定)
   ③現状とあるべき姿のGap(問題)をどう埋めるか、やるべきテーマ(課題)の設定
   ④やるべきテーマ(課題)をアクションに展開する(だれがいつまで、どこまで)

4.結果をを左右する「企業文化」の醸成 
  ピカピカのシステムを導入したが、なかなか現場に定着しなかった苦い経験は
  ありませんか。DX推進でも同じことが起きる可能性があります。
   ①経営者と現場でビジョンの共有が重要です。会社の目指すことと社員が目指す
    ところがリンクしているとしめたものです。
    社長の想いを幹部、現場のひとりひとりの想いへつなげましょう
   ➁企業が変わるには社員の「自主性と創造性」が欠かせません。
                「自主性と創造性」は、「社員のやる気」
                  「社員のやる気」は「やりがいや楽しさ」
                「やりがいや楽しさ」は「個人の目標と会社の目標の一致」です。
   ③デジタルの時代になり今までの仕事のやり方、知識だけではついて行けません。
    部課長、現場とも「学びなおし」が必要です。

ご案内

中小企業は、今大きく変わる必要があります。変わるためにはDX経営の世界に移行するのが有効です。単なる効率化ではなく抜本的なビジネスモデル変革を目指し、利益体質に変えて行きましょう。そのためにはDXの考え方を経営の仕組みに埋め込んでいく必要があります。東京IT経営センターはIT経営の支援から大きくDX経営の支援へ舵を取りました。
東京IT経営センター DXチーム体制

ご案内

2021年秋に 発刊致しました。 変わるための仕組み作り解説
中小企業・社長の実践ガイド 激動の時代、会社をどう変えていくか 田中渉著
尚、本の紹介を動画にしましたのでお時間があればご覧ください。
出版記念セミナー動画

コンサルティング内容

儲けの仕組みを再構築

多くの企業にとって、現状の儲けの仕組みは通用しなくなっています。

もちろん好調の企業もありますが、その会社は環境の変化に対応し変わり続けています。今、企業には「変わる力」が必要です。

その仕掛け「経営のPDCAが廻る仕組み」作りを東京IT経営センターがお手伝いします。

詳しくはこちら

会社が変わる。人材育成

儲けの仕組みを変えるためには、付加価値を生む活き活きとした現場作りが必要です。

社長の意識を「変わる」
・社長の片腕の意識が 「変わる」
部課長の意識が 「変わる」
チームで 「変わる」
・価値観・情報の共有、進むべき方向ベクトル合わせ「変わる」
儲けの仕組みを支援する業務の仕組みを作って「変わる」

詳しくはこちら

コンサルティング実績

弊社がお手伝いいたしました、実績をこちらに掲載しております。

中小企業IT経営力大賞 受賞企業様
ITコーディネータ協会 IT経営事業集に掲載
コンサルティング実績一覧

 ✔ITコーディネータは経済産業省推進資格です。

  2001年、通商産業省による国家プロジェクトの一環としてITコーディネータ資格制度
は設けられました。


ITコーディネータ(ITC)は、経営者の立場に立って、経営とITを融合し、真に経営に役立つ
ITサービス利活用の推進・支援を行い、IT経営を 実現するプロフェッショナルです。

   ・経営に役立つIT利活用を実現する人材
  ・経済産業省推進資格
  ・経営を支援する多数の団体が応援
  ・あらゆる業種や多様な職域で活躍
  ・高い専門性による幅広いサポート

DX時代における経営革新・業務改革ニーズに合致する戦略的なITサービス利活用のため、新たな
役割を担います。
また、これからの時代のイノベーションをリードしていく人財として、ITコーディネータは、幅広い
業界から期待を集めています。

東京IT経営センターの登録ITCパートナーは、2022年5月から大きく舵を取り「DX専門家」へと
 生まれ変わりました。DX支援体制についてはこちらをご覧ください

クラウドソリューション

クラウドソリューション

クラウドサービスの業務ソフトを導入することで多くのメリットが得られます

・導入費用が安い
・アプリ開発費用がない
・構築期間が短い
・バージョンアップの管理が不要
・デモや試使用が簡単

詳しくはこちら

あなたの会社が『変わる』ためには

1.企業経営の基盤(足腰)を鍛えましょう

足腰が弱くてはホームランは打てません。東京IT経営センターはこれまで経営の基盤創りのご支援のノウハウを磨いてきました。東京IT経営センター標準のコンサル手法に従い、社長をはじめ、幹部の皆様とご一緒に取り組んで行きたいと考えています。

2. 経営の基盤創りに、もはやITは欠かせません

しかしながら、多くの中堅中小企業にとって、これまでのIT導入は重すぎました。投資もさることながら、導入プロジェクトに必要な人の確保の点でも重すぎました。クラウドがそれを解決してくれます。東京IT経営センターは「もっと安く、もっと早く」クラウド導入ができるようご支援をしています。

3. これまでの数分の一の投資・時間で導入が可能に

クラウドは一般的には、これまでのやり方に比較すると、初期費用は安く月額使用料がかかります。 ある企業の事例では、システムを10年使ったとして、これまでのやり方では、総費用3,500万円+カスタマイズ費用1,000万円?、クラウドでは2,500万円でした。東京IT経営センターは多くのクラウドシステムを評価してきました。

 企業の皆様の「こうなりたい」にお応えできるクラウドベンダー
と連携し導入定着のお手伝いします。